2019/7/26 – 7/27 ヨーロッパキリスト者の集い「 日本文化展」

 

【2019年7月 ヨーロッパキリスト者の集い日本文化展】

ヨーロッパキリスト者の集い」は37年間続いている欧州在住の日本人キリスト者を中心にした夏のイベントです。欧州各地に散っている日本人教会が輪番で幹事役を務め、2019年は東欧解放30周年を記念してルーマニアで開かれました。

 

会場は風光明媚な学園都市クルージュ・ナポカ。開催都市における市民間交流のために開かれた「日本文化展」にお招きを受けました。

会場は中世の石造りの要塞塔をそのままイベントギャラリーに改築した展示施設、バスティオン・トゥルヌ・クロイトリロ/Turnul Croitorilor 。私は最上階の三角屋根部分をお借りして展示しました。

 

キリスト者の集いは全ヨーロッパから三百人近いクリスチャン(日本人はじめ欧州、米国など多様)が集います。私は会場に和紙のサンプルを置き自由に触れてもらうのですが、地元の方や旅行者の方々が、その色彩の美しさや感触に感動なさっていたのがうれしかったです。

 

集会で、ルーマニアではよく知られた彫刻家の方に出会いました。
彼は、チャウセスク政権に抵抗し解放運動に身を投じた若者たち追悼する作品を多く生み出しており、その作品群の一つが、クルージュ中心部の大きな広場に立っていました。

 

その方から、地元産の紙の束をいただきました。
生成り色で柔らかく厚みがあり、版画やドローイングに使うということです。手でちぎることができます。いつか意味のあるものを作ってみたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA