ユポトレース紙のはなし

*ちぎり絵制作の日常をあれこれ綴っています

私のちぎり絵は、下絵をいったん細かく解体し、そのパーツを再びパッチワークのように組み合わせて制作してゆきます。その時に必ず必要なのがトレーシングペーパーです。

下絵をトレーシングペーパーに転写して用いることは、ちぎり絵の入門書で知り、最初の頃はごく普通のタイプを使っていました。

ちぎり絵の下絵は作品の設計図とも言えるので、スケッチブックにざっと描いたものを、あらためて設計図用に明快な一本の線で描き起こします。

その下絵をトレーシングペーパーに転写し、それを和紙の上にかぶせ、*鉄筆(てっぴつ)を使って描線をなぞります。すると、筆圧をかけた和紙の上に「溝」が生まれ、私はその溝に従って指でちぎってゆくのです。こうすると、ある程度の曲線も下絵どおりにちぎり出すことが可能になります。

鉄筆(てっぴつ)と聞いて、ああ、アレ!とすぐに解るあなたはもう若くない・・・失礼!これは展示会での制作風景を紹介するスライドショーの私の決まり文句です。ごめんなさい。

「鉄筆」とは、昭和時代に学校や企業などで普及していた手書きの「孔版印刷」=ガリ版で文字を書き起こすためのペンです。でも、私がちぎり絵を始めたころにはすでに文具店で絶滅しかけていました。現在私の手元にある何本かの鉄筆は、すべて出身教会の信徒で以前教師だった方々(昔は手書きでテストや通信文を制作していた)の自宅で眠っていた鉄筆をご厚意で譲っていただいたものです。

ただ、普通のトレーシングペーパーは鉄筆を一回あてると筆圧で裂けてしまいます。ですからその方法の場合、作品の絵柄は必然的にシンプルで限定的なものになりました。

ところが、ちぎり絵を始めて2年ほどたったある日、市内の印刷会社に勤めていた私の叔父が、私の下宿(している叔母の家)に腰ほどの高さの、ロール状の、すごく重くて太い丸太棒みたいなものを持ってきました。「社屋移転の倉庫整理でいろいろ廃棄するんだが、おまえコレ何かに使うか?」と。それが、きわめて強靭な工業用トレーシングペーパー「ユポトレース紙」でした。

ユポトレース紙は、印刷現場で原稿の保護材としてよく使われ、半透明ですが印刷も可能なのでちょっと雰囲気のある招待状やメニューカードなどで時々見かけます。樹脂を含んで丈夫で、防汚性にも優れていることから建築設計図面などにも使われる素材だそうです。

人からタダで物をもらうのは大好きで(笑)早速試してみたところ、ユポトレース紙は下絵の描線を何度なぞっても破れません。感動しました。上の写真はその「ユポトレース紙」を使って制作を進めているところです。

実は、ユポトレース紙は仕事の現場ではよく見かけていました。でも、普通の文具店や画材店にはないし、私にはその時までちぎり絵に用いる発想が全然ありませんでした。この時の叔父の「払い下げ品」は、私の制作スタイルを決定づけたと言えるくらい大きなことでした。

私のちぎり絵は、和紙をイメージ通りにちぎれなかったり、ちぎったピースを絵の中に置いてみて「ああ、違う、この色でない」とやりなおす事の繰り返しで出来ています。その延々とした作業に耐えるトレーシングペーパーがあればこそ成立する制作スタイルです。

叔父からもらったユポトレース紙は、60㎝×30m。大切に使い続け、その後30年近く(あらためて書くと自分でも驚きます!)約300点の制作に充てることができました。普通の文具店には置いていないので、「もうすぐロールが尽きる、どうしよう」と一時焦りましたが、ほどなくインターネット時代が到来。今はメーカーから直接購入できています。かつて絶滅種だった「鉄筆」の方も、今はネイルアートやフィギア制作などで再び用いられているそうで、ネットで簡単に入手できます。

ふと、もしもオンライン通販が普及する以前に、叔父からもらったユポトレース紙がが尽きていたらどうだっただろう・・・と思うと、ちょっとゾッとします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA