柚の餅、と書いて「ゆうもち」と読むそうです。え、なんで?という疑問はとりあえず脇に置き、餅にたっぷりまぶされ超高級、阿波和三盆糖の質感をどうしたもんか、と必死に制作。

 

このお菓子、私がまだ食べた事がないと知った大頭眞一先生が、わざわざ鶴谷吉信のお取り寄せを直送してくれたのですが(何ちゅう律儀な!)、ふわっと柚が香る何ともお上品なお味の小粒餅でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA